【病院暮らしラストナイト】フィリピン語学留学 #11

2018年8月3日

今朝は病院内のパン屋に連れていってもらいました。フィリピンの米は不味いけど、パンは変わらない味で美味しいです。

写真は撮り忘れてしまいました。それくらいに美味しそうだったので、すぐ食べてしまいました。

今日の大半は昨日、日本人スタッフさんから借りた漫画を読んで過ごしていました。

読んだ漫画は、「あいあむあひーろー」(タイトルの表記違うかも)と「死役所」です。

「あいあむあひーろー」は、自分的にはスッキリしないラストでした。全ての事に意味が有るわけではないって言われて、「はぁ…」って感じです。

「死役所」は各話毎にいろんなタイプの人のストーリーが詰まっていて面白いです。作者さんは、色々な人をよく知っている、見ているのだなと思いました。

お昼過ぎには、日本人スタッフさんにフランクフルトとポカリを買ってきてもらいました。

昨日飲んでいたポカリが残っていたのですが、1日経ったものは飲まない主義を貫きました。正直、周りは汚いものだらけなので、この際どうでも良い気もしてしまいます…。

フランクフルトはやはりパン系なので、美味しかったです。最初は肉まんを頼んだのですが、日本人スタッフさんによると美味しくないらしいです。

もう夜です。夕食をもらいました。

なぜか、弁当タイプになっています。中身は今までと似たようなものでした。フィリピンの米はやっぱり美味しくないです。

この光景。この見慣れた光景ももう見なくなります。急に寂しくなってきました。

初めて経験するのは良いですけど、最後ってのは嫌ですね…。わがままですけど、初めての経験はいっぱいして、最後は知らぬ間に最後を迎えたいです。