234円で音の出るオモチャをつくる【Arduino mp3再生】

今回はArduinoを使って、mp3ファイル音源の再生に挑戦したのでそれのメモです。

つくったもの

今回作成したものはこちらです。

入室すると、ファミマの入店音が流れるというものです。

使ったもの

Arduinoとこちらの部品です。

234円の激安mp3再生モジュールです。送料は無料です。似たような製品の中でも取り分け安いですが、ちゃんと動作しました。

ただ、安いですが届くまでに時間がかかりました。約2~3週間はかかると思った方が良いです。ある程度、注文が入ってからまとめて発送しているのかもしれません。

ちなみにArduino単体で音を鳴らそうとすると、音源の音の波形のデータをプログラムの中に配列として入れるしかないため、あまり良い音を出せませんでした。

モジュールなしの方法はこちらのサイトを参考にやってみました。

ファミマの入店音はこちらのものを使いました。

実装

まずはmp3ファイルの準備です。

再生したい音声ファイルの名前を0001.mp3っといった形にしておきます。

次にmp3ファイルを入れておくmicoSDカードの準備です。

micoSDカードは必ずFAT32にフォーマットしてください。自分はこれをしていなかったのでハマりました。

そしてmicoSDカードにmp3というフォルダをつくり、そこに先ほど用意した音声ファイルを入れておきます。

micoSDカードの準備ができたら回路の方をつくっていきます。

回路はこんな感じに組みました。

仕組みとしては、光センサーで常に光量を取得します。センサーの横を物体が通ると影になって光量の変化があり、それをトリガーにして音を鳴らしています。

ハード側の工夫として、光センサーにカバーをつけて感度をよくしました。

最後にプログラムはこんな感じです。

#define SENSOR 0

#include <SoftwareSerial.h>
#include <DFRobotDFPlayerMini.h>

SoftwareSerial mySoftwareSerial(10, 11); // RX, TX
DFRobotDFPlayerMini myDFPlayer;
void printDetail(uint8_t type, int value);

void setup()
{

pinMode(SENSOR, INPUT);

mySoftwareSerial.begin(9600);
Serial.begin(115200);

Serial.println();
Serial.println(F("DFRobot DFPlayer Mini Demo"));
Serial.println(F("Initializing DFPlayer ... (May take 3~5 seconds)"));

if (!myDFPlayer.begin(mySoftwareSerial)) { //Use softwareSerial to communicate with mp3.
Serial.println(F("Unable to begin:"));
Serial.println(F("1.Please recheck the connection!"));
Serial.println(F("2.Please insert the SD card!"));
while(true);
}
Serial.println(F("DFPlayer Mini online."));

myDFPlayer.volume(20); //Set volume value. From 0 to 30
myDFPlayer.play(1); //Play the first mp3
}

void loop()
{
int i;
i = analogRead(SENSOR);
// Serial.print(i, DEC);
// Serial.print("\n");

if(i < 2 && myDFPlayer.readType() == DFPlayerPlayFinished){
myDFPlayer.play(1);
delay(6000);
}

if (myDFPlayer.available()) {
printDetail(myDFPlayer.readType(), myDFPlayer.read()); //Print the detail message from DFPlayer to handle different errors and states.
}
}

void printDetail(uint8_t type, int value){
switch (type) {
case TimeOut:
Serial.println(F("Time Out!"));
break;
case WrongStack:
Serial.println(F("Stack Wrong!"));
break;
case DFPlayerCardInserted:
Serial.println(F("Card Inserted!"));
break;
case DFPlayerCardRemoved:
Serial.println(F("Card Removed!"));
break;
case DFPlayerCardOnline:
Serial.println(F("Card Online!"));
break;
case DFPlayerPlayFinished:
Serial.print(F("Number:"));
Serial.print(value);
Serial.println(F(" Play Finished!"));
// myDFPlayer.play(1); //Play the first mp3
break;
case DFPlayerError:
Serial.print(F("DFPlayerError:"));
switch (value) {
case Busy:
Serial.println(F("Card not found"));
break;
case Sleeping:
Serial.println(F("Sleeping"));
break;
case SerialWrongStack:
Serial.println(F("Get Wrong Stack"));
break;
case CheckSumNotMatch:
Serial.println(F("Check Sum Not Match"));
break;
case FileIndexOut:
Serial.println(F("File Index Out of Bound"));
break;
case FileMismatch:
Serial.println(F("Cannot Find File"));
break;
case Advertise:
Serial.println(F("In Advertise"));
break;
default:
break;
}
break;
default:
break;
}
}

実装の際、こちらのmp3の再生にはサイトを参考にしました。細かい回路図等はこちらを見ると分かりやすいです。

光量センサはドットインストールで学べます。

おわりに

mp3再生モジュールを使うことで、比較的綺麗な音源の再生ができました。光量センサーをトリガーにするときの閾値の設定が難しかったです。今度、同じようなものを作るときは3Dプリンタで光量センサーを覆うケースを計算して作ったりしても良いかなと思います。

ITArduino, C

Posted by shu