Mac版パワポkeynoteでイラスト作成!

2018年8月1日

今日はフィリピン語学留学十日目です。1日病室で過ごしました。とても暇でした。やったことは、
  • 数学ガール 丸い三角関数を読み進めたこと
  • udemyでゲーム制作を進めたこと(詰まった)
  • keynoteでのお絵かき

です。

今日の昼間は1度もトイレ(大)に行きませんでした。夜になって、急にお腹が動きだし何度もトイレに行きました。フィリピンでの生活ぶりが気になる方は、ぜひ他の記事も読んでみてください。下の記事は一番、危険を感じた日の記録です。必死に書きました笑。
早速、本題です。今回は久しぶりにkeynoteでイラスト作成をしたので、それのやり方をまとめようと思います。ちなみにやり方はとっても簡単で、絵の全く描けない自分でもできます。もし今回の記事を読んだら、SNSアイコンの自作や、あなたのブログのキャッチ画像にも使えます。イラストを自分で描けないけど、オリジナルのイラストが欲しい人の強い味方になります。

Keynoteとは

keynoteはmacユーザーなら必ず持っているソフトです。基本はスライドショー作成用です。タイトルの通り、mac版のパワーポイントです。しかし、keynoteはただスライドを作るだけのソフトではありません。実に多くの機能があります。今回はそのうちの少しを使って、イラスト作成をします。macを持ってる。keynoteを持っているのに使わないのは勿体ないです。宝の持ち腐れです。

どんなものが作れるのか。

まず最初にどんなものが作れるのか気になりますよね。まずそれらを紹介します。

A.こんなものが作れます。

こんな感じです。最初の画像はうちの猫の後ろ姿を描いたイラストです。猫の綺麗なシルエットが描けて満足です。2枚目のツイートからの引用の画像は、漫画「ワンパンマン」の「サイタマ」というキャラのものです。こういうシンプルなキャラは比較的簡単に作れます。3枚目はツイッターの自分のアカウントの画像です。これもうちの猫を見ながら、keynoteで作ったものです。

絵が全く描けない自分でもある程度のイラストは作れます。ちょっとでも絵の才能がある方でしたら、もっと凄いものが簡単にできるでしょう。

 

さっそく作ろう

  • keynoteを開きましょう。

開くとこんな感じです。イラスト作成はずっとこの画面で行います。まず、文字は基本使わないので消します。

図形を出す

イラストは図形の組み合わせで作成します。なので、次は最もよく使う円を出します。

  • 上の図形を選択。
  • 青い図形群が出てくるので、円をクリック。

すると中央に青い円が出てきます。この円をベースにどんどん変形させて色々な形を作ります。

図形を変形

それでは変形させていきます。

  • 円を選択する。(選択されると上の画像のように、四角形が出ます)
  • 右クリックする。
  • 「編集可能にする」を選択する。

すると、こんな画面になります。この画面で「ポイント」と呼ばれる、円上にある点を引っ張ることで変形させます。(さらに複雑な形にしたい時は、上の画像の下部に出ている案内の通りにします)

  • ポイントを引っ張る。

こんな感じで伸びます。後は自由に伸ばせして変形させるだけです。

  • 変形モードを終えるには、周りの白いスライドを一回クリックする。

自分はこんな感じに伸ばしました。ナスのつもりです。

図形に色をつける

今度はナスらしい色にします。

  • ナスみたいに変形させた図形を選択する。(選択すると周りに長方形ができる)
  • 右サイドのメニューがスタイルになっている事を確認する。
  • 「塗りつぶし」という項目の右横の青い四角をクリックする。
  • 色のメニューが出てくるので、好きな色を選択する。

これで色が変わりました。

完成へ

後はこれの繰り返しで図形を重ねていきます。

できました!ナスの完成です!変形させた円を一個使って、葉?の部分を作りました。先っちょのヘタの部分は長方形を回転させて小さくしたものを、セットしました。図形の回転は、

  • ⌘キーを押しながら、図形を持って引っ張る。

これでできます。

PNG形式で出力

完成させたイラストはPNG形式で出力させます。(スライドショーのままでは使えないので笑)

  • 左上のメニューで「ファイル」を選択する。
  • 「書き出す」を選択する。
  • 「イメージ」を選択する。
  • 「フォーマット」で「PNG」を選択して「次へ」を押す。
  • 名前と出力場所を決めて「書き出す」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

できました。これで完成です!お疲れさまでした。

プラスα

制作に慣れてきたら、使いたい項目を簡単に紹介します。

  • 色のさらなるカスタマイズ(グラデーションなど)
  • 図形を選択、右クリック、「最前面へ」or「最背面へ」で重なりの順序を変えられる。
  • 上のメニューの「フォーマット」→「図形と線」→「図形を結合,交差,減算,除外」でちょうどいい形の図形を作れる。
  • 「イメージ」→「図形でマスク」で写真を使った図形を作れる。

終わりに

どうだったでしょうか。できた方は、意外に簡単だったと思います。イラスト作成と言っても、ただ図形を重ねて形を作るだけです。今回はナスで簡単でした。しかし最初の例に出したイラスト等はもっと複雑です。それでも同じ様に、図形を重ねるだけです。とてもシンプルです。ここまで記事を読んでくださったmac使いの方は、ぜひ挑戦してみてください。もし、この記事を読んで分からないことがあれば、ぜひこの記事のコメント欄やツイッターで聞いてみてください。出来る限り力になります。

今回はここまでです。読んでくださり、ありがとうございました。

※自分が制作したイラストは著作権で保護されています。使用や転載はご遠慮ください。

ITkeynote

Posted by shu